「何度でもリセット」

著:安永雄彦

 

銀行員21年、経営コンサル15年、60代で西本願寺事務方トップとなった僧侶が説く「下し坂の時代」の生き方

 

日本は先行きが不透明だけでなく、停滞、下降してゆく「長い下し坂」の時代です。このような時代に先例・前例を躊躇していると、個人の人生も停滞、下降、逆境を免れることはできません。

 

本書では、著者の経験・エピソードをもとに次のようなことをお伝えしていきます。

・自分の軸をもって主体的に自分の人生を生きよう

・多くの失敗を恐れず、チャレンジして、そこから学び次の成長に向かって少しでも行動を起こしてゆこう

 

本書によって少しでも自分の生き方を振り返り、具体的な新しい行動のきっかけにしていただけましたら著者にとっては望外の喜びになります。

 

こんな方にオススメです。

・今の仕事、働き方でいいのか不安

・がんばることに疲れてきた。もっと自分らしく働きたい

・人生の指針となる「自分の軸」を見つけたい

・時間と気持ちの余裕を持って自分と向き合いたい

 

①仕事で自分をなくしていませんか?

②会社軸から自分軸を取り戻したイギリス時代

③「自分の軸」を見つける

④「自分の軸」を活かす

⑤「自分の軸」を守る

⑥S一杯や逆境に負けない自分になる

⑦あるがままに「凡夫」として生きる